2018年5月9日

【TOEIC勉強法】英語のスピーキング力をアップさせる!効率的に学習する5つの方法

映画や海外ドラマを見ていると、英語を流暢に話すネイティブがとても素敵に見えます。「あんな風に話せるようになりたいな、でも無理だろうな」と諦めてはいませんか。でも実は、スピーキング力を効率的にアップさせるための方法があります。そこで、今回は、スピーキング力をアップさせる最も効率的な学習方法を紹介します

1. 使える語彙数を増やす

会話の基本は、語彙力と発音です。語彙数が乏しいと会話は発展しませんし、発音が悪いと相手は理解してくれません。

(1)多分野の語彙に親しむ

語彙力を増やすには、何をすべきでしょう?ニュース、テレビ番組、映画、音楽などの自分の興味のあるものを教材にして、語彙力を増やすことをお勧めします。調べた単語はノートにメモするなど、いつでも復習できるようにするとよいでしょう。単語を辞書で確認する場合には、発音を必ずチェックすることを忘れないでくださいね。

(2)単語と一緒にフレーズを覚える

単語を暗記する時は、その単語で構成されるフレーズも一緒に覚えるようにします。例えば、”tea” であれば、”a cup of tea” ですし、“ask”であれば、”ask me over” “ask me out” 等 が一つのフレーズとなります。”easy listening” “catchy tunes” “massive hit”  等はコロケーションと言います。

このようなフレーズやコロケーションは、ネイティブがよく使うセット表現とも言えるものです。会話やライティングで自然な英語を使えるようになるために、これらの表現はとても大切です。

2. 正しい発音で話す

発音やアクセントの位置が間違っていると、コミュニケーションがスムーズに行きません。

音声付きの辞書を使ったり、インターネットで発音のチュートリアルを提供しているサイトを検索して試してみたり、英会話のクラスに通ってみることをお勧めします。良い発音を身につけるには、良い発音の英語を聞く必要がありますので、教材の選択には気をつけてください。

また、飽きずに学習できるのが早口言葉です。家族や友達と一緒に楽しく発音を身につけることができます。例えば、R/L が苦手な場合は、“Clean calms crammed in clean cans.” を何回も練習してみましょう。



3. シャードーイング

シャドーイングとは、ネイティブ・スピーカーの話している英語を真似て話す練習です。この勉強のためにおすすめなのは、自分の好きなサブタイトル付きのDVDを選ぶこと。DVDを見た後に好きなシーンを決め、その会話を聞き取り、ネイティブが話すように話します。センテンス毎にDVDを停止させ、自分で話す。これを繰り返します。自分の声を録音することも良いでしょう。ネイティブの発音と比較することができるので自分の弱点を見つけ、克服することができます。



4. 独り言を言う

一人住まいをすると独り言が多くなると言われていますが、この独り言を英語で行いましょう。家族と住んでいる場合など、声を出せる環境ではない場合は、心の中でつぶやいてもok。生活の中で、”I’ m starving.” “Oh I have to go.” “I am wondering if she’s watching the X File tonight.” このように、どのような事でも良いのです。文法の間違いなどは気にしないでください。英語で考える時間を持つ事が独り言実践の狙いですから。

5. 話題を言い直す

ニュースや芸能人のゴシップ、新しいアニメなどの日本語の話題を英語で言ってみます。これが難しいと感じる場合は、英語のニュースを英語で言い直してみると良いでしょう。オリジナルのニュースで使われている単語をできるだけ使わないようにします。自分の言葉に言い換えることを心がけます。この練習によって、語彙数や英語で考える時間を増やすことができます。

効率的にスピーキング力をアップさせる5つの方法を紹介しました。いかがでしたでしょうか。全部でも気に入った一つでも良いので、ぜひ試してみてくださいね。