2018年7月11日

【Today’s NY Times】July 11, 2018

NY Timesの最新トピックスを、平日毎日和訳してお届けいたします。今日は、科学の記事を取り上げます。赤ちゃんの脳における感覚システムの発達において、胎児期では視覚や聴覚よりも触覚が一番早く発達するそうです。

【記事本文】

What Babies Know About Their Bodies and Themselves

We are accustomed to thinking about the importance of what even very young babies see and hear, but “touch is the first sensory system to develop in the baby’s brain prenatally,” and is quite well developed by the time the baby is born, said Andrew Meltzoff, the co-director of the Institute for Learning and Brain Sciences at the University of Washington.

(引用元 The New York Times

【記事和訳】

赤ちゃんが自分の身体と自分自身について知っていること

私たちは、すべての産まれてまもない赤ちゃんたちに関して、目が見え耳が聞こえることの重要性について考えることに慣れている。しかし、ワシントン大学の学習および脳科学研究所の共同所長であるアンドリュー・メルツォフ氏によれば、「触覚は、出生前の赤ちゃんの脳において一番はじめに発達する感覚システムで」あり、出生時までにかなり十分に発達しているという。

【Words】

be accustomed to ~することに慣れている
sensory 感覚に関する
prenatally 胎児期に、出生前に
co-director 共同監督
learning 学習、学識
brain science 脳科学