2018年7月19日

【Mrs Universe Sayuri の国際結婚ハワイライフ】ミセスユニバースに出場した理由

私は2016年『Mrs. International』『Mrs. Universe』に、それぞれ代表として出させて頂きました。今回は、なぜ私がこのような活動に関わったかを過去のお話と含めてお話させて頂きます。

Aloha Everyone!
This time, I would like to write about “The true reason I represented Hawaii at Mrs. universe”.
In 2016, I received 2 titles at beauty pageants for married women which who aims at social contribution as “Mrs. Japan International” at “Mrs. International 2016” which was held in Florida and as “Mrs. Hawaii Universe” a first Japanese who represented Hawaii at “Mrs. Universe 2016” which was held in China.


Honestly speaking, I never even thought about myself participating in such beauty contest!  
The only reason which triggered me was there were opportunities to aims at a community service and social contributions.

  

My daughter was born with heart defect and when she was still small, she had a major open heart surgery.
Believe it or not, nearly few hundred times more medical expense in US compared to Japanese medical expense, so we may not be able to pay off if we didn’t have any insurance.
I realized the importance of the medical treatment and felt thankfulness of the insurance once more. And on the other hand, I desired to help children who can’t receive medical treatment somehow because I couldn’t think it as a somebody else’s problem as a mother with a child.

 

I decided to start my business which can make people happy in order to donate its profit to a charity.  I wish that all over the world becomes even a little closer beyond the border while supporting international marriage as my own business from 2014, and contributes to a charity to connect children’s smiling face of all over the world by its profit.

皆さま、アロハ♪
今回は『ミセスユニバースに出場した本当の理由』について書かせて頂きますね。
2016年は社会貢献を志すミセスの大会で2つの称号を頂き、アメリカのフロリダ州で行われた『Mrs. International』世界大会に日本代表、そして中国で行われた『Mrs. Universe』世界大会に日本人初ハワイ代表として出場させて頂きました。

  

このようなビューティーコンテストにまさか自分が出るなんて夢にも思ったことがなかった私でしたが、そんな私が出ることになったきっかけはこの大会が社会貢献を志す既婚女性の為の大会だったからです。

娘が先天性心臓欠陥を負って生まれ、小さいながらも大手術を受けました。日本に比べ医療費が数百倍のアメリカでは保険が無かったらその時の医療費は一生かかっても払えきれなかったかもしれません。

その時に改めて医療の大切さや保険の有難さを知り、またその一方で医療を受けられない子供達を子供を持つ母親として他人事とは思えずどうにか救ってあげたいと願うようになりました。


人に喜ばれる仕事をしながらその収益をチャリティーに寄付しようと決め、2014年から国際結婚のサポートをしながら少しずつでも国境を超え世界中がより近くなる事を望み、その収益で世界中の子供達の笑顔を繋ぐためにチャリティーに寄付しています。こういった活動は、これからもずっと続けていきます。