2019年5月14日

転職エージェントがTOEIC700点以上を優遇するって本当ですか?

TOEICを勉強する理由として、就職・転職という人も多いのではないでしょうか。今回は、就職・転職に有利な英語の資格についてご紹介します。これを読んで、ぜひ英語学習のモチベーションにしてくださいね!英語学習をすることで、あなたの将来の選択肢が広がりますよ。


TOEICを勉強する理由は様々だと思いますが、「英語力を武器に転職したい」「スキルアップしたい」という方も多いと思います。リクルートエージェントなど国内大手の転職エージェントはTOEIC700点以上の人から優先的に仕事を紹介していくと言われていたり、最近では「英検1級に合格すると幸福な人になれる」という記事も読まれていたようです。TOEICや英検といった英語資格を持っていると実際に転職に役立つのでしょうか?勉強のモチベーションのために、ぜひご一読ください。

 

■企業が求める「英語ができる人材」の目安とは?

TOEIC受験に真面目に取り組んでいる人であれば「TOEIC900を突破したい」等、かなりハイレベルな目標を掲げて努力していると思いますが、実際のところ就職(転職)市場においては「TOEIC700点以上あれば、英語が使える人材」として一目置かれる…と言われます。ですから、もしもはじめてTOEICに挑戦されるのであれば「まずはTOEIC700点を突破!」という目標を設定して努力するとよいでしょう。これは「自分のキャリアアップにつながる英語力」という意味で正しいと言えます。

ひとまず700点を持っていれば、転職した後も社内に英語力が必要とされる仕事があれば、優先的に回してもらえる可能性大です。しかし、少し詳しい人であれば「TOEIC700点レベルでは、英文メールを書くのにも苦労するレベル。何の役にも立たないよ」という人も出てきそうです。そのため、700点は決してゴールではなく、「英語で仕事をする」上でのスタート地点だと思ってください。TOEIC満点を目指して切磋琢磨することで、さらにやりがいのある仕事を任される可能性も広がります。

■「英検1級をとると幸せになる」という衝撃の調査結果…あなたはどう考える?

少し古い記事ですが、2016年12月に日本英語検定協会が発表した「英語力とQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の関係性調査結果」は各種のニュースメディアに取り上げられて話題になりました。英語学習に関心がある社会人1800人あまりにインターネットを通じてアンケート調査をしたところ以下のような傾向があると分かったのです。

 

1)50代男性で英検1級取得者の平均年収は1100万円以上。

2)英検1級、英検準1級取得者は、仕事で英語を使っている人が多く、幸福度が高い。

3)英語学習を早くスタートさせると、将来的に平均年収が高くなる傾向が見られる。

4)若い世代ほど仕事上の英語の必要性を感じている。

5)英語の早期学習は効果が高い。

 

日本人は英語に苦手意識の強い人が多いですから、そういう環境の中で自分で試行錯誤しながらも、難易度の高い資格を手にしているということは、それ相当の能力や集中力、意志力を持っていることの証拠とも捉えられます。そういういった、英語力だけではない「本人の資質」が仕事人生に結びつくとそれなりの成功を収めることができるとも言えそうです。

■転職で役立つ英語資格とは「TOEIC700点以上」と「英検準1級」

面接を受けることに決まった会社がまったく英語を必要としない環境であっても、その会社が今後どのような企業戦略に基づいて経営されていくかは分からないので、英語資格は取得しておくに越したことはありません。日本人に最もメジャーな英語資格はTOEICと英検ですから、「TOEIC700点以上」と「英検準1級」が履歴書にあると「英語が出来る人材」となり厚遇してもらえそうです。企業の採用担当者によっては「日本独自の試験である英検の評価はイマイチだ」と考えている人が多いようですが「実務で使える英語」を真剣に求める企業は、大抵「英検」も重視しています。両方あるに越したことはありません。

「TOEIC700点以上」は、高校を卒業している人であれば、高校卒業時の英語に加えて、「TOEIC公式問題集」を必死でこなせば手が届くと思われます。実のところTOEICは高校卒業時の英語の語彙力から大半が出題されていて、高校生は知らない英単語は試験全体の2~3%程度だとされています。どうですか?そこまで高いハードルではないのではないでしょうか。

■まとめ

いかがでしたか?「英検準1級~英検1級取得者は、実務で英語を使っている割合が高く、幸福度も高い」という調査結果は、あくまで参考ですが記憶しておくとよいでしょう。自分が学んだことを仕事で活かせるという環境は達成感や幸福感につながるのかもしでないですね。