2019年5月15日

【TOEIC勉強法】英単語暗記方法の紹介

「単語を覚えるのは、必要だとは分かっているが中々覚えられない」という人も多いのではないでしょうか。書いてみたり、発音してみたり、試行錯誤した人もいると思います。今回は、私がオススメする単語の暗記方法について具体的にご紹介します。

こんにちは。TOEICの勉強で避けては通れない「単語の学習」ってあまり楽しくないし、黙々と単語帳を開いて覚えるってなんだか気分が重くなりますよね。でも、短期間に英語のレベルをあげていきたいなら、ある程度腰を据えて単語暗記に取り組む必要があります。

 

今回は単語学習の助けとなるP-study system(PSS)というフリーソフトをご紹介いたします。

 

## PC用単語暗記フリーソフトP-study system

(引用:http://www.takke.jp/pss/download2.html

皆さんはPSS(P-study system)をご存知でしょうか?

パソコンで英単語などの暗記学習をサポートしてくれるフリーソフトです。一番はじめに開発されたのが2003年以前のようなので、もう15年以上も利用されているわけですが、いまだに某匿名掲示板などでも話題になっています。

 

上記のような理由で英語学習者にとっては知る人ぞ知るソフトウェアとなっています。

 

利用方法は至ってシンプルです。出題される単語について「四択問題に答える」「キーボードからスペリングを入力」というように回答します。

 

キーボード入力の数字とも対応していますし、USB接続できるゲームコントローラなどを利用すれば時間の無駄なくどんどん回答していくことが可能です。

 

この画像では和→英で出題されていますが、もちろん英→和での出題も可能です。

(引用:http://www.takke.jp/pss/download2.html

 

いくつかPSSの特徴をご紹介いたします。

 

### 他の教材のデータを利用できる


予め登録されている問題集もいくつかありますが、自作の単語帳を利用したり、(ひと手間かかりますが)
英辞郎やSVL(アルクが出版している単語帳)などの辞書データから単語帳を作成することも可能です。

 

さらに音声データを追加することも可能ですので、問題出題時に単語を読み上げる機能もついています。利用するCDについては古本屋やAmazonで購入することも可能ですので、出費もそれほどかからないでしょう。

 

もちろんTOEIC用の問題集も用意されています(追加問題集としてダウンロード可能)ので、これを使わない手はないですね。

 

『単語力ウェブ辞書(初級)TOEICスコア:~450』のようにスコア毎にレベル分けされているので、自分のスコアにあったものが選択しましょう。

(参考:http://www.takke.jp/pss/additional_questions.php

### 「こんな機能があったら・・・」がある!

PSSでは多くの機能が用意されています。

例えば、忘却曲線を利用しているので毎日利用していれば「そろそろ忘れそうだな・・・」という周期で単語が出題されます。科学的にも効果の高い単語暗記法と言えるでしょう。

 

他にも「こんな機能があったら良いな」という機能が盛り込まれていますが、私のオススメは「Googleイメージ検索により、問題解答後に単語に関連する画像を表示する」機能です。

 

音声や文字情報だけでなく、視覚的にも単語のイメージを学習するのに効果のあるものとなっています。

(参考・引用:http://www.takke.jp/pss/blog/2006/01/google.php

 

はじめは登録されている単語集を利用して、操作感を確かめてみるのがよいでしょう。

 

慣れていくうちに、自作の単語帳を導入してみたり、Googleイメージ検索機能を利用することで、どんどん単語暗記の効率を高めていくことができるはずです。

 

### PSSのデメリット

 

少し残念なのが、Mac版が存在しないということですね。また、Windowsパソコンでの利用が基本ですので、スマホを利用して外出先で手軽に利用するのは難しいでしょう。

 

また、パソコンが不慣れな方にとっては辞書データをダウンロードして利用したりするのは手間がかかって面倒だと思われるかもしれません。

 

効率の良い方法で単語を暗記できるにもかかわらず話題にならないのは、この「ひと手間かかる」というのも一つの原因だと思われます。

 

しかし一度設定してしまえばあとは長く使うものですので、費用対効果は高いものだと言えるでしょう。

(参考:http://www.takke.jp/

 

## まとめ

いかがでしたでしょうか。

PSSの設定は少し難しく見えるかも知れませんが、ちょっとした手間を惜しまずに導入することで、効率的に単語を暗記してくことができます。

興味を持っていただいた方は、ぜひ一度試してみてくださいね!