2018年9月6日

【TOEIC勉強法】レベル別TOEICのリスニングの勉強法

「リーディングは得意だけど、リスニングがちょっと心配」TOEICを勉強されている方からこんな声をよく聞きます。今回は初級者、中級者、上級者別にTOEICのリスニングの勉強法についてご紹介します。自分に合ったレベルのものをぜひ、試してみてくださいね。

実際の勉強法を紹介する前に初級者、中級者、上級者の区分けを表にしましたので、そちらを参考いただき自分がどのカテゴリーにいるのかご確認ください。

初級者 TOEICスコア 400点未満~600点
中級者 TOEICスコア600点~800点
上級者 TOEICスコア800点~900点以上


まず基本としてすべての人にTOEICのリスニングの勉強法としておススメしたいのが【シャドーイング】と【ディクテーション】です。シャドーイングについては本サイト
【TOEIC勉強法】「シャドーイングって何?」【TOEIC勉強法】シャドーイングで3つのことに気を付ければ、リスニング力は向上するを参照ください。ディクテーションは要約すると「聞いた英語の音を文字に書き起こす」作業になります。

今回は、上記「初級」「中級」「上級」の各レベルで、どのようなシャドーイング・ディクテーションを行うのが効果的か、ご紹介します。


■TOEICのリスニングの勉強法 初級者編

初級者は、TOEICリスニングパート1とパート2で出題される短い簡単な英会話を用いて勉強します。音声付きの教材をベースにシャドーイングとディクテーションを完全に理解できるまで繰り返し行いましょう。

わからない単語があればその都度調べて意味を把握することも忘れずに。

1つの教材を終えたら、同じレベルの違う教材でシャドーイングとディクテーションを行ってください。慣れてきたら次は少しずつ使用する教材のレベルを上げていきます。

この方法を継続し、リスニングセクション、パート1とパート2の正解率をあげましょう。勉強する際のポイントとしては「一語一句聞きとろうとするのではなく大まかな全体の会話の流れを把握すること」です。細かな部分にとらわれすぎると時間が足りなくなりますので、全体像の把握に務めるよう意識してください。


■TOEICのリスニングの勉強法 中級者編
 

中級者は自分のレベルより高い教材で1分~3分程の英語を聴きながらシャドーイングとディクテーションを行いながら語彙力も同時に強化しましょう。

おススメの教材はTED TALKSです。TED TALKSでは各分野のエキスパートが英語で講演する様々な内容を字幕つきで視聴することができます。 英語字幕はスピーカーが話す一語一句の単語を逃さず表示してくれるので中級者のシャドーイングとディクテーションにもってこいでしかも無料です。トピックも多岐に渡るので同時に語彙も増やすことができます。

TED TALKSを使ってリスニングと語彙を強化することで中級者はこれまで難しいと感じていたTOEIC リスニングパート3と4に取組みやすくなります。



■TOEICのリスニングの勉強法 上級者編

上級者は基本的な勉強法は変えずにそのやり方のレベルを上げる形で対応しましょう。

具体的に言うと、ここまで取り組んできたシャドーイング・ディクテーションを短い英文も長い英文も正確に聴きとれる能力を維持しながらスピードアップを心がけてください。そして早さに慣れたら、内容もこれまでより難しいものにするといった形です。

上級者はTOECIのリスニングセクション全体に対応する力をこの方法で伸ばします。

■まとめ

今回はレベル別にTOEICのリスニングの勉強法を紹介しました。リスニングを確実に短期間でアップする方法はありません。自分のレベルにあった勉強法で毎日コツコツとTOEICのリスニング力を上げていきましょう。