2018年9月18日

【イギリスふしぎ発見】2018年W杯中に起こったある事とは?パート1

What Happened During 2018 FIFA World Cup?2018年W杯中に起こったある事とはいったいどんなことでしょう?日本ではちょっと考えられないことにイギリス国民は熱狂したようです。

During the 2018 World Cup, Britain has experienced unprecedented events. It was a betting frenzy brought about by England’s unexpected winning start. £2,5 billion was already wagered on the tournament at kick-off, which increased by 50% versus the last World Cup.

2018年ワールドカップ期間中に、イギリスで先例のない事態が発生。予想以外のイングランド・チームの初戦勝利がきっかけで、国民が賭け事に走りだした。初戦の時点で、2,6億ポンドが賭けに費やされました。これは、前回のワールドカップに対して50%も高い数字です。

Surprisingly, female was especially attracted. According to the figures, one in three bets on games, compared to one in ten at the last World Cup. I am wondering if Japanese females fancy betting on football games like their western counterparts.

驚いた事に、賭けに興味を持ったのが女性です。数字を見ると、前回のワールドカップでは、10人に1人でしたが、今回は3人に1人が試合に賭けています。日本の多くの女性が西洋の女性のようにサッカーの試合に賭けたいと思うでしょうか。

No matter what the subject is, betting is of concern in Britain. The government has clamped down with the introduction of strict regulations to alleviate the gambling problems.

何に賭けようが、賭けは、イギリスでは問題視されています。政府は、ギャンブルから派生する問題を減らすために、厳しい規制を設けて取り締まっています。

However, some argue that it is a leisure activity. Perhaps, fans in a football country, the UK, think the World Cup is a very special occasion with the idea of “Let’s have fun and get money! ”

でも一方で、賭けは、レジャーであると反論する人もいます。おそらく、サッカーの国、イギリスに住むファンは、ワールドカップはとても特別な機会であると考えているのではないでしょうか。楽しんで金儲けしよう!と思っています。