2018年9月20日

【名画で学ぶ英語表現】ミッドナイト・イン・パリ(3)

今回はウッディアレン監督の名作、「ミッドナイト・イン・パリ」からピックアップいたしました。wayという言葉は単に「道」として覚えがちですが、実に様々な意味やイディオムがあります。こういった事を知っていると会話が豊かになるので、ぜひチェックしてみてください。

               Naoko

「ミッドナイト・イン・パリ」(原題:Midnight in Paris)2011年
監督 ウディ・アレン
出演 オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス 他

<STORY>
ウディ・アレン脚本・監督の、パリを舞台にしたロマンティック・コメディ。ハリウッド映画の脚本家ギル・ペンダーははじめての小説を執筆中、婚約者イネズと彼女の両親と共にパリを訪れる。彼女とも彼女の両親とも何だかしっくりいっていないギル。とある夜、パリの街角で迷子になってしまう。真夜中の鐘がなり、魔法がかかったようにギルは憧れの1920年代のパリにタイムトリップし、その時代の文化人・知識人と出会い刺激を受け、自分の小説や人生について考え直していく。パリの幻想的な街並みと音楽、そして驚きの配役にも注目です。

<英語のレベル>:スピードは少し早めだが、スラングなどはほとんどなく、とても聞き取りやすい英語となっています。20年代のパリの文化や教養に関する背景をおさえておくと、より理解が進み英語も耳に入ってきます。

難易度★★☆

<Pick upフレーズ>
迷い込んだ1920年代のパリで、ギルは魅力的なアドリアナの虜になってしまう。そのアドリアナと一緒に、今度はアドリアナが恋焦がれる1890年代にタイムトリップし、アドリアナはそこに残りたいと切望します。そんな彼女にギルが言うセリフ。

“I was trying to escape my present the same way you’re trying to escape yours.”
(君が君の現在から逃れようとしているのと同じように、僕も自分の現在から逃れようとしていたんだ)

 

今回のPick upフレーズは (in) the same way~ です。
「同じやり方で、同じように」という意味で、似た単語にlikewiseやsimilarlyがあります。

では例を見てみましょう。

EX1)
Students tried to pronounce the English words the same way the teacher does.
(生徒たちは、教師がするように英語の単語を発音しようとした)

EX2)
In my childhood, I always wanted to buy new toys the same way my friends did.

(小さい頃、私はいつも友だちがしているように、新しいおもちゃを買いたがった)

wayにはたくさんの意味があります。
・ 道、道路、通路
・ 進路、進行、方向
・ 道のり、距離
・ やり方、方法、仕方
・ 習慣、風習、儀式

イディオムもたくさんあるので、いくつか見てみましょう。

He came all the way from Paris to see me.
(彼は私に会うためにはるばるパリから来てくれた)

Spring is on the way.
(春が来る途中である=近づいている)

I did my best in order that my business would go the right way.
(私は、自分の事業がうまくいくよう最善を尽くした)

wayの意味は基本的には「道」。ここから派生して様々な訳や使われ方があります。文脈に応じて、どう訳すのがぴったりくるかを考えるのも楽しいですよ!”No way!”(とんでもない!まさか!)なんて言わずに・・・早速使ってみましょう!