2018年10月4日

【イギリス不思議発見!】What happened during 2018 World Cup?

ワールドカップ中には、思いもかけないような様々な珍事件がイギリスで起こりました。今回ご紹介するのは第二弾。なんと二酸化炭素が不足して、「ビール片手にワールドカップ観戦」が危うくなってしまったのです!イギリス人やいかに!?

What happened during the 2018 World Cup? -Part 2-
-Unprecedented events surprises the nation-
2018年W杯中に起こったある事とは?パート2
〜先例のない事態に国民が驚く〜

The second thing that surprised the nation is a shortage of Co2, which has affected production of carbonated drinks and food. Many British enjoy drinking beer or fizzy drinks in a hot summer. The production lines across Europe have shut for maintenance, which was badly timed with the World Cup and hot weather.

国民を驚かせた二つ目の事件とは、二酸化炭素の不足です。この不足が炭酸飲料や食品に影響を与えています。多くのイギリス人は、暑い夏にビールや炭酸飲料を楽しみます。ヨーロッパに点在している生産工場がメインテナンスを理由に休業しています。ワールドカップと暑い時期とが重なり、タイミングが悪いとはこの事です。

What is the reaction to this? Many beer lovers shouted: “Priorities: beer first, food second and no Co2 for soft drinks until the World Cup is over.”

これに対するイギリス人の反応はというと?多くのビール愛好家は、「ワールドカップが終わるまで、手元の二酸化炭素を使うのなら、優先順位は、1番がビール、2番が食品、最後は非炭酸飲料だ。」と叫んでいます。

No Beers until the end of the World Cup? However, brewers promised fans not to run dry. The Beer and Pub association emphasised: “they are working their socks off around the clock to keep supplies going, adding “England fans, keep calm and carry on going to the pub. If your favourite is not available, why not use it as an opportunity to try something new?” For the British, a problem is not always a problem, they take it as an opportunity.

ワールドカップが終わるまでビールはお預けか?でも、ビール醸造工場は、ビールが底をつかないようにしますと約束しました。ビールとパブ協会は、「ビールを継続的に供給できるように24時間フル活動で頑張っている」と主張し、「どうか落ち着いて、パブに通い続けてください。もし、お気に入りがなければ、この機会に何か新しいものを飲んでみてはどうですかね。」とまで言っています。イギリス人にとって、問題は、いつも問題ではないようです。こういう時にこそ、プロブラムを機会と捉えます。

At the moment, there is no concrete information on Co2 supply resuming. But it is widely estimated that it could be sometime next week. Everyone is optimistic in the UK!

今のところ、二酸化炭素生産の再開について具体的な情報はありません。でも、おそらく来週には再開するだろうとほとんどの人々が予想しています。イギリスでは、みんなが楽観的ですよ!

※こちらの記事は2018年ワールドカップ開催時の情報です