2018年10月10日

【Today’s NY Times】October 10, 2018

NY Timesの最新トピックスを、平日毎日和訳してお届けいたします。今日は、日本プロサッカー界の三浦知良選手に関する記事を紹介します。三浦選手は、昨年50歳14日という年齢でプロ最年長ゴールを上げるなど、プロ選手として挑戦し続けています。

【記事本文】

Kazu Miura and the Never-Ending Soccer Career

He was referring to Kazuyoshi Miura, the pioneering and flamboyant Japanese forward who is still going at age 51. Last year, Miura became what was believed to be the oldest professional player to score a goal, pouncing on a rebound at 50 years 14 days and launching into a samba strut known as the Kazu Dance.

(引用元 The New York Times

【記事和訳】

三浦カズ、その終わりなきサッカー人生

彼(前述の記者)は、三浦知良について語った。三浦は51歳にして未だプレーしている、日本の先駆的な燃えるようなフォワードである。昨年、三浦選手は、プロ最年長ゴールとなる得点を上げ、50歳と14日での返り咲きを果たし、カズダンスとして知られるサンバのステップを披露した。

【Words】
refer 言及する、引用する
pioneering 先駆的な
flamboyant 燃えるような、華やかな
pounce 襲いかかる、すばやく捕える
rebound (名)跳ね返り、回復
strut (名)気取って歩くこと、その歩き方