2018年11月1日

【空とぶアンジー】香港の競馬に招待saremashita!

こんにちは!今回は、香港で競馬にご招待された時のお話を。香港というえば少し前までイギリス領だったところ。今でもイギリス文化が色濃く残っていて、とても楽しかったです。もちろん女性は、お帽子が必須ですよ!

香港で取引先が主催する競馬に招待されました。

香港競馬の歴史はイギリスの植民地時代の1845年にさかのぼります。1860年に横浜元町でポニーのレースが開催されたのが初回の日本よりも古く、時代を超えて香港人に広く親しまれているそうです。

一般席でわいわい盛り上がって見るのも楽しそうですが今回はせっかくのご招待。ジョッキークラブのボックス席をレポートしたいと思います。

会場は着席式で席にはひとりひとりの名前が置かれています。そしてこの日の女性のドレスコードは「Cocktail Dress & Hat」。
お帽子!皇室の方やキャサリン妃が着用されているあれです。

せっかくの機会ですが数万円するものを買ってもこの日以外で着用しそうにないし。。と思い私はユザワヤでパーツを購入し服に合わせて作ってみました。(母が^^)

会場に入るとお帽子の女性たちが華やか!

本場イギリスでは最近、仮装大会か小林幸子の紅白の衣装ばりのすごいデザイン(車には乗れないサイズ)の帽子を着用している人もいるようですが香港なのでそこまでは見当たらず。ビュッフェは有名ホテルのダイニングが監修していてスイーツコーナーのデコレーションも見ているだけでテンションが上がります。

テラスに出ればぎゅうぎゅうの一般席(それはそれで楽しそうですが)の隣で優雅に競馬が見られ、中ではシャンパンやお料理を楽しみながらモニターで観戦していると、有名な元ジョッキーで今は名馬を何頭ももっているレジェンドが隣で自分の馬が走る中継画面を凝視していたりします。

馬券売り場もボックス内にあり、会場内の人数に対し窓口がたくさんあるので常に窓口が空いている状態。誰も後ろで待っていないのでやっぱり買おうかな、と思ったらすぐに(買い方が分からなくてもたもたしていても)プレッシャーなく馬券を買うことができます。

私は複式?買い方がよく分からなかったので気に入った名前や倍率を見てコレ!と思った馬にHK$20(300円弱)ずつ賭けましたが全然当たりませんでした(笑)。

当たりませんでしたが例え300円でも馬券を買うと応援に力が入り、参加している感じがして楽しかったです。
ボックスシートの皆さんもお帽子をかぶりながら大声で応援したりガッツポーズで喜んだりしていてノリノリでした。

ちなみに香港の競走馬、「雷神・THUNDER DASH」「大爆発・ATOMIC BLAST」「世界記録・WORLD RECORD」「超凡夢想・BRILLIANT DREAM」「辣辣椒・HOT HOT PEPPER」「小奇妙・LITTLE FANTASY」「幸運七星・LUCKY SEVEN STARS」「自由飛翔・LETS GO FREE」など広東語と英語が併記されていてなかなかのネーミングセンス。

食べたり飲んだりしながらラッキードローなどのイベントもありあっという間に時間が経ち、全11レース終わるころには外はすっかり暗くなっていました。

イギリス文化の名残りと勝負や賭け事が好きな中国気質。競馬は実に香港らしいと感じた一日でした。

楽しかったです!