2018年11月8日

【TOEIC勉強法】TOEICリーディングの勉強法

TOEICのリーディングが苦手…長文を読むのが嫌い…という方は少なくありません。長い文章になればなるほど、苦手意識が働いてしまうということもあるかもしれません。 ですが、TOEICにおいてリーディング対策は必須!リーディング能力を身に着けるための勉強法をご紹介します。

1. 読みながら予測する

リーディング対策をするときに、もっとも大切と言っても過言ではないのが「その先を予測しながら読む」ということです。今読んでいる文章の先には、どんなことが書いてあるのか…。を予測するのです。文法や単語の意味にばかり気を取られていると、この予測ができなくなってしまいます。

 

予測しながら読んでいくことで、長文でも文章の流れをつかみやすくなるのです。

 

この文章の流れをつかむことが、リーディングで置いてはかなり重要です。TOEICのリーディングで出題される問題の中には、文章の流れをつかんでいれば答えられる問題もあります。

 

リーディングでは、文法を解釈したりすべてを頭の中で和訳したりする必要はありません。日本語の文章を読んでいるときに、わざわざ文法や単語を気にしませんよね?それと同じ感覚で読んでいきましょう。

2.とにかく必要な情報を見つける

TOEICでは、時間が限られているのでいかに短時間で効率よく質問に答えるための情報を引き出すかが重要です。もちろん、英語が母国語であるかのように読んでいければいいのですが、そこまでできなくてもリーディングの問題は解けるのです。その為に必要な情報は、必ず、長文の中に含まれているのです。

 

TOEICの場合は、長文の全体像をつかむことがまず第一歩となります。ですので、最初の数行はしっかりと理解できるように繰り返し読むことをオススメします。その長文がどのような文章なのか…メールなのか、されともエッセイなのかも含めて冒頭の数行に書かれています。

 

そしてその中で

 

・誰に向けられた

・何の文章

 

かということ、そして文章の種類が見えてきます。ここが理解できれば、後はその情報に基づいて「詳細情報」をその後の文章から読み解いていけばいいのです。

 

つまり、すべての単語を理解し文法を理解した上で頭の中で和訳してから回答する…というプロセスは必要ないのです。限られた試験時間の中で効率的にリーディングの問題を解いていくためには、大まかな記事の流れとともに回答に必要な情報を探していくようにしましょう。

3. 自分のレベルに合った文章での練習と並行して単語や文法も


TOEIC対策と一言で言っても、それぞれのレベルがあります。大切なのは、自分のレベルにあった文章をたくさん読んで少しずつレベルを上げていくことです。

 

そしてその中で、基本的な単語や文法の勉強を並行していきましょう。

 

先ほど「文章の全体像をつかむ」ということをご紹介しましたが、それは基本的な単語や文法という下地があった初めてできることなのです。

 

勉強しているときに、解らない単語が連続して出てきたリ、何のことかさっぱり解らない…という場合は、その文章がまだ自分のレベルとあっていないということです。

 

その場合は、もっと簡素で難易度の低い文章をよみつつ、単語や文法の勉強を並行していくことで自分のレベルを上げましょう。

 

辞書を引きながら自分のレベルに合っていない長文を読み続けるより、レベルにあった勉強をしていく方が効率的です。

 

まとめ

 

リーディングの勉強のポイントは、予測しながら全体像をつかむイメージと必要な情報を効率的に取得していくことです。その為にはまず、自分のレベルにあった文章をたくさん読むこと、そして、基本的な単語や文法の勉強を並行して行うことがポイントです。解らない単語や表現方法ばかりの長文を無理して読むより、自分のレベルにあった長文と単語、文法を学びながら徐々にレベルアップしていきましょう。