2018年11月12日

【Today’s NY Times】November 12, 2018

NY Timesの最新トピックスを、平日毎日和訳してお届けいたします。今日は、環境に関する記事です。ニューヨーク市ではコンポスト(ごみを堆肥にする)計画がはじまっています。埋立地の使用を減らし、費用の削減にもなると注目されていますが、課題もあります。

【記事本文】

The Pros and Cons of New York’s Fledgling Compost Program

Compost has such potential. It can reduce the garbage sent to landfills and save money at the same time. San Francisco claims to have reduced landfill usage by 80 percent, and Seoul, South Korea, a city of 10 million, claims that it saves $600,000 daily by charging residents and businesses fees for discarded food scraps.

(引用元 The New York Times

【記事和訳】

ニューヨーク市の始まったばかりのコンポスト計画に対する賛否

コンポスト(堆肥)の可能性はとても大きい。埋立地に送られるごみを減らすと同時に、費用も節約できる。サンフランシスコ市は、埋立地の使用を8割減らせると主張している。また、韓国のソウル市は、人口1千万人の都市だが、住民と企業に対して食品ごみの廃棄料を課すことによって、1日あたり60万ドルを削減できると主張している。

【Words】
pros and cons 賛成派と反対派
compost 堆肥、培養土
fledgling かけ出しの、未熟な
landfill 埋立地、ごみ処理
claim 要求する、主張する
discard 捨てる、放棄する