2018年11月19日

【TOEIC勉強法】効率的に単語を覚えられるアプリを紹介

TOEIC受験勉強のために語彙を増やしたいけれど、まとまった勉強時間が取れないとお悩みの人も多いのではないでしょうか。そんな時はスマートフォンアプリを利用してすきま時間で英単語を学習する方法がお勧めです。今回はすきま時間で効率よく英単語を勉強するのに役立つスマートフォンアプリを3つ紹介します。

■TOEIC単語勉強用スマートフォンアプリについて

TOEICに必要な「英単語を勉強できるアプリ」は、無料のものから有料のものまでたくさん提供されています。活用次第では無料のアプリでも十分にその学習効果を実感できますが、本気でTOEICのスコアアップを目指すのであれば有料アプリをおススメします。なぜなら無料と有料のTOEIC単語アプリを比較した時にやはり有料のアプリは品質が良く、評価においてもその学習効果が高い傾向にあるからです。

 

とは言っても際限なしに有料アプリをダウンロードしてしまうと思った以上にお金を使ってしまうことになりかねません。アプリを活用してTOEICの英単語を勉強する際には、柱となる有料アプリを中心に無料のアプリをいくつか補助的に活用する方法をおすすめします。

 

■TOEIC英単語学習に効果的なお勧めのスマートフォンアプリ3選


1.
スタディサプリ English

TOEIC英単語を勉強するためにまずおススメしたいのが、リクルートが提供する総合英語学習スマートフォンアプリ、スタディサプリEnglish。

 

アプリ内で提供されるコースの中にTOEIC対策コースが用意されています。このTOEIC対策コースの中に「TEPPAN 英単語」という英単語学習プログラムが含まれており、TOEIC受験に必要な単語を効率よく学べるようになっています。

 

TEPPAN英単語で学習できる英単語は全部で1410単語。TOEIC目標スコア別に学習すべき単語が区分けされているので、自分の目標とするスコアに必要な英単語だけに絞って英単語を勉強することができます。

 

このアプリは有料です。月額利用料が2,980円と少し高めですが、このアプリでは英単語だけでなくTOEIC受験に必要なスキルを総合的に学べるようになっているので、テキストを何冊買うことを考えるとお得だと言えます。7日間の無料体験ができるので、この期間を利用して使い勝手や自分との相性を見極めて購入を決めてもいいでしょう。

 

2.TOEIC 英単語カード(厳選したTOEIC TEST重要英単語)


こちらは無料TOEIC英単語学習アプリ。扱っている単語数総数は2000語でスタディサプリEnglishと同様、目標スコア別に学習すべき単語が区分けされており、自分の目標スコアに必要な英単語を効率よく勉強することができます。

 

表示される単語カードには単語の意味、発音記号、例文とその訳が記載されており、暗記する際の道具として活用できます。また、単語カードだけでなく、「テスト」や「復習」の機能がアプリ内に設けられているので、このアプリ1つで暗記、テスト、復習と一通りTOEICに必要な英単語を学習できる仕組みが整っています。

 

3.TOEIC必須英単語・熟語

こちらも無料スマートフォンアプリ。TOEIC試験に必要な英単語のみを扱っており収録単語数は全部で4000語となっています。このアプリでは英単語を難易度別にパート1からパート4まで区分けしていて、自分のレベルにあった英単語を勉強できるようになっています。クイズ形式で単語を勉強することができ、このアプリで単語の発音や意味、例文を確認できます。

 

■まとめ

今回はすきま時間を活用して効率よくTOEICの英単語を勉強するためのおススメスマートフォンアプリを3つご紹介しました。スマートフォンアプリで英単語を勉強すればいつでもどこでもすきま時間を利用して英単語を勉強することができるので、忙しい人にはぴったりの勉強法です。空いた時間で着々と英語の語彙を増やしてTOEICのスコアアップを目指しましょう。