2018年11月26日

【シンガポール日和】マリーナベイ・サンズからの夜景

今回ご紹介するのは、シンガポールで最も有名なホテルであり観光名所のマリーナベイ・サンズです!今やマーライオンより有名かも?時間と共に移り変わる美しい夜景は格別です。色々とご紹介するので、どうぞ堪能下さい!

今回はシンガポールで有名なホテルであり観光名所にもなっている マリーナベイ・サンズ56階の展望台 サンズスカイパークへ夜に登った時の様子をお届けいたします。

こちらの展望台、ホテル宿泊者は展望台や57階の屋上にある「インフィニティ・プール」を自由に利用することができますが、宿泊者ではなくても有料ですが展望台サンズスカイパークへ登って景色を楽しむことができます。

ホテルのタワー3を出てすぐの所にスカイパークに行かれる入口があります。
当ホテルは3つのタワーからできていて、総客室数はなんと2500以上!
違うタワーに行ってしまうと展望台入り口までかなり歩くことになりますので注意が必要ですね。

チケットは入口エスカレーター降りてすぐのチケットブースで購入できます。
2歳から料金が発生。
シンガポールの観光スポット、どこへ行っても2~3歳位から料金がかかってきます。
子連れにとても優しく過ごしやすいシンガポールですが、物価が高いと言われている国だけあり費用面においてはお財布には優しくないお値段かもしれませんね。
でも登ってみる価値はあると思います!

チケットを購入して待つこと10分ほど。
スカイパークへ登るエレベーター乗車前に観光地おきまりの写真撮影ブースがあり、写真を撮ってくれました。
撮った写真は後ほど景色と合成されたものを購入することができます。
エレベーターに乗るとあっという間に56階に到着。
降りて少し歩くと綺麗な景色が出迎えてくれました。

まず見えてきたのはシンガポールで人気の昼夜楽しむことができる観光スポット、「ガーデンズバイザベイ」。
夜には光と音楽のショーが開催されており、ちょうど見ることができました。
巨大な人工ツリーが音楽に合わせて色が変化していくのですが、音楽は聞こえなかったものの光輝く様子は遠くからでも美しかったです。

そして観覧車が見えてきました。

少し歩くと写真中央下にある蓮の形のアートサイエンスミュージアム、右手に見える光に照らされて赤青黄色とカラフルな座席は世界最大級の浮遊式ステージのザ フロート@マリーナ ベイが見えてきました。ザ フロート@マリーナ ベイは野外コンサートやイベントなどで度々使用されていて、最近ではF1グランプリのコースの一部として使用されていることでも有名です。
写真中央奥のドリアンホールと言われるエスプラネードシアターは一段と美しく輝いていました。

そして下を見下ろすとマリーナベイ・サンズのショーも見ることができました。
こちらもほとんど音楽は聞こえませんでしたが、上から見下ろすショーは地上で見るのとはまた違った雰囲気で素敵でした。

ガラス越しの景色なので、綺麗に写真は撮れなかったのですが、スカイパークからの夜景は360度どこを見渡してもとても美しかったです。

スカイデッキを歩いていると長蛇の列を発見。何かと思ったら、帰りのエレベーターを待つ人たちでした。

30分以上は帰りのエレベーターに並んだので、時間帯によりますが、列ができていたら早めに並ばないと降りるまでにかなりの時間を要するかと思います。

マリーナベイ・サンズの屋上に設けられたプールは宿泊者専用となっているため、残念ながら今回は行くことができませんでしたが、いつか宿泊してプールからの眺めを楽しんでみたいです。
プールからの眺めは一段と美しいのではないかと思います。

公式ホームページ
【通常料金】大人:S$23 子供(2歳~12歳):S$17 シニア(65歳以上):S$20
※料金は2018年5月現在の情報です