2018年4月5日

【TOEIC勉強法 中島功二 IELTS overall 6.0】おすすめのリスニング学習法

受験勉強や自宅で英語の勉強をしても、なかなか力がつかないのがリスニングです。でも、外国人と会話をしたり仕事でプレゼンする時など、最も大切な能力でもあります。今回は目的別のリスニング勉強法をご紹介いたします。

「学生時代や受験時に英語を頑張ったけど、とても苦手」という方が多いのがリスニング。そして実際コミュニケーションをする際に一番ネックとなってくるのもまた、このリスニングです。自分が話すだけなら、日本語なまりの中学レベルの英語であっても身振り手振りも交えてどうにか伝えたいことを伝えることもできるでしょう。しかしせっかく質問をしたとしてもその返答が聞き取れなければ会話は成り立ちません。

また英語のモチベーションが「英語の映画や音楽の内容をそのまま理解したい」という方や、テストのためにリスニングで点数を取らなければならないという方もたくさんいらっしゃると思います。

リスニングの勉強法は目的に応じて異なってくるので、そのあたりも含めて勉強法をご紹介いたします。

 

【生の英語の聞き取り】

実際の英会話の場合、全体の意味さえ把握できれば良いので、そこまで厳密に「全て」を聞き取る「精聴」は実は必要ではありません。また会話には、文章で見るような難しい文章はここではあまり出てきません。しかし問題なのは、「そもそも何と言っているのか全くわからない」ということ。

これにはいろいろな理由が考えられますが、最も多いのは「そもそも英語の『音』が聞き取れていない」ということです。音を聞き取るためには、ひたすらネイティブスピーカーが話しているのを聞いてそれを真似してみることです。自分で口で出すことでまた理解が深まります。

しかしネイティブスピーカーと話す機会は限られているので、映画や音楽を字幕付きで見たり聞いたりして真似することが一般的な勉強方法となるでしょう。 自分が言いたい台詞を真似たり、何と言っているのかを理解できるよう繰り返しやってみましょう。いつの間にか聞き取れるようになっているものですよ。
生の英語を聞き取るには生の英語に触れるしかないのです。

 

【TOEICのためのリスニング】

TOEICのリスニングの場合に限って言うならば、ネイティブスピーカーが話すような英語を聞き取る必要はありません。有効なリスニング対策としては、何か一つ音声CD付きの英語文章教材を買ってそれを繰り返し学習することです。音声付き教材を一冊買うことによって、リスニングだけでなくリーディングの勉強も一石二鳥で可能となります。以下では、音声付き教材の効果的な使い方をご紹介します。

【勉強方法】

1)まず本を見ずにオーディオブックとして文章教材を聞いてみます。最初は「ほぼわからない」と感じるかもしれませんが、どのくらいわからないのかを理解するのが目的です。

2)次は本のリーディングに移ります。分からない単語、熟語も含め全て電子辞書などを使って調べ、内容を完璧に理解できるようになるまで進めていきます。この作業はリーディングの実力、点数アップにも効果的となります。

3)次に、CDの音声に合わせながら本を見ていきます。内容はもうわかっているので、どのような「音」がなっているのかに重きを置いて聞いてみましょう。英語の発音や読み方というものはいわゆる「ローマ字読み」でもなければ何か特定のルールに従っているわけでもありません。
なので結局のところ一つ一つ覚えていくしかないのですが、この方法で覚えていくのは効果的と言えるでしょう。

4)最後に何も見ずにCDの音声だけで聞いてみましょう。
CDだけで聞いても、まだまだ音だけでは理解できないかもしれません。その時はまたステップ3やそれ以前のステップに戻って完全に音声で理解できるまで繰り返します。これを繰り返すことでリスニング力は着実についてくるでしょう。

 

【まとめ】

このようにリスニングと一言で言っても目標によってすべきことが違ってきます。
まずは目標をしっかりと立てて、地道にリスニングのトレーニングをしていきましょう。